Top > 葉酸サプリ > 葉酸は胎児の健康にも影響を与えます!

葉酸は胎児の健康にも影響を与えます!

葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってから葉酸を摂取し始めたという方が多いのではないでしょうか。

 

では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。

 

葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、妊娠期間中に絞って摂取するというのも大丈夫です。

 

とはいえ、葉酸は妊娠中の母子にだけ必要な栄養素かというと、決してそうではありません。葉酸は体に有益な様々な働きをしてくれます。

 

中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、葉酸の摂取を続けることで健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。妊娠を希望する方や計画している方が、意識して欲しい事と言えば、やはり食事の内容です。

 

妊活をしている方ならば、いつ妊娠しても不思議ではないですよね。ですから、実際に妊娠したと分かるより先に、健康的な食事で適切な栄養を摂取するようにしましょう。妊娠初期には不足しがちな栄養素がいくつかありますが、なかでも葉酸はこの時期に必須となる栄養素です。多くの方が、妊娠検査キットで妊娠を知ると思います。

 

ですが、それより前から新しい命がおなかの中で成長を始めています。

 

妊娠は授かり物です。

 

実際に受胎した時、胎児の健やかな成長をサポートできるよう、妊活を始めている方は、なるべく早めに十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんを元気に育てられるように備えておきましょう。

 

妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。

 

細胞分裂が行われる、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こす可能性が高くなるそうなのです。

 

受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。

 

葉酸は妊活に必要です。いつから飲むの?

 

葉酸サプリ

関連エントリー
葉酸は胎児の健康にも影響を与えます!葉酸の過剰な摂取は副作用に繋がる?