Top > 子育て > 赤ちゃんの寝かしつけの時間の目安

赤ちゃんの寝かしつけの時間の目安

赤ちゃんの寝かしつけは健やかな成長のためにも毎日規則正しく行うようにしたいところですが、なかなか寝てくれないなどの悩みを抱えているお母さんも少なくありません。

 

どれくらいを目安に寝かしつければ良いか、といえば20時過ぎが理想的といえます。

 

毎日20時以降は「夜であり寝る時間である」ということを理解させ、寝かしつけることで体内のリズムを作り赤ちゃんにもストレス無く眠らせることができるようになります。

 

部屋の電気を消し暗くさせることで、夜を理解させるようにします。

 

20時過ぎに赤ちゃんをぐっすり寝かしつけるには、「メラトニン」と呼ばれる体内時計に働きかけ自然な眠りを誘う作用がある睡眠ホルモンの分泌が重要になります。

 

どうしたら分泌できるかというと「朝の光に浴びさせる」ことです。朝の光を浴びてから14時間から15時間後にメラトニンが分泌し始め、赤ちゃんを眠りに誘ってくれるのです。

 

20時を目標にした場合、朝の6時前後に朝の光を浴びさせることが効果的でしょう。遅くとも、朝の7時には浴びさせるべきです。

 

ポイントは毎日同じ時間に繰り返すことです。

 

今日は5時に起こして明日は8時に起こして、ということは避けなければなりません。

また、一度20時に寝かしつけると決めた場合は上記の通り「20時に電気を消す」などの規則正しい行動が求められます。発達障害の子供のサプリメントランキング

子育て

関連エントリー
赤ちゃんの寝かしつけの時間の目安